相場とは休みなく売買ポジション

実際にノートPCのディスプレイの前に座って休むことなく上がったり下がったりしている為替レートをご覧になっていると理由無くエントリーをせずにはいられなくなるという衝動が生まれる場面も少なくありません。中古車 注意点

だが、不確かな勘で売り買いをすることだけは、絶対に避けてほしい。今日会える

分かっていると思いますが、外国為替市場は終日、常にどこかの国の市場は変動しているし、為替相場も常時、動いています。社会人 バイト

だからといって、頻繁に売り買いを重ねているとその回数だけ損失が生じる危険が高くなってしまいます。メディプラスゲル 口コミ

当然、取引の回数を経験することによって、次第に勝利する可能性が50%、50%に近づくのは事実です。プレミアムアイラッシュエッセンス 口コミ

けれどもこの事実は「なんとなく勘で取引」してしまうこととは別問題です。クリーミュー 洗顔

トレード回数を重ねる事の意味は、「ここだ!」と考える時機を持った場面での売買回数を積み重ねるという事を言っています。デュオ アテニア 比較

ただ何となく、注文を積み重ねるのとは明確に違う。ジッテプラス

市場の勝負に立ち向かうためにはあなたが意識的に緩急をつけることこそが重要です。

「ここはいける」と思えたマーケットの時には、思い切って保持ポジションを積み増して覚悟を決めて儲けを狙います。

「だいぶ頭をかかえる市場で、どうなるか予想できないな」と思案した時は思い切って持っているポジションをひとつ残らず閉じて黙っています。

それぐらいのテンポでやった方が、売買は勝利します。

マーケットの格言には「休むも相場」というものがあります。

本当に言葉どおりです。

相場とは休みなく売買ポジションを所有する事が大事ではなく、どの売買ポジションも保持せず待っている事も状況によっては必要です。

じゃあ、どういう時に休めばいいのでしょうか。

最初に言われるのが先述の通り、直近の外国為替市場が今ひとつ判断できない時です。

そこからドル高になるのか、ドル安になるのかが決断できない時は、ヘタに動くと、自身で考えた台本とは逆方向に為替相場が変化してしまい損をする事になります。

こんな状況ではポジションを諦め、何もせずに様子をみるのが最良の選択です。

もうひとつは、健康状態がすぐれない時です。

体の具合と相場に関係がない思う方もいるだろうが。

実は思ったよりつながりがあります。

健康状態がよくなければ、外国為替市場の大切なところで、落ち着いた判断ができなくなります。

やる気がわかない時は外国為替相場から距離を置くことも必要な事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.kasutadon.com All Rights Reserved.