www.kasutadon.com

自動車重量税、通称重量税とは、国産自動車あるいは外車など自動車の生産している国や四輪駆動車、ハイルーフ車など車の形状も例外なく、マツダやフォード、などでも同様に納税の義務がある税金です。新車登録の場合あるいは車検の際に払わなければいけないお金になります。その支払金額は対象となる車の車重によって決められています。「自動車重量税」と「自動車税」はまったく異なる税ですので基礎を学んで混同しないようにしてください。「自動車重量税という税金はウエートにより」「自動車税とは車の排気量によって」その金額が変わります。それで、買い取りの時の対応も違いますので、注意しましょう。車を売却する時には支払い済みの自動車の税額がいくらあっても、その額が返ってくることはないのです。一方自動車税の時は既に支払った税額を買取額に上乗せしてくれるといったケースがあるものの、重量税の場合は上乗せしてくれるという場合はあまりないのが現状です。重量税というのはすでに支払い済みの額が残存していると言っても自動車買い取り業者にてそのことが忖度される場合はまずないと思います。なので次の支払いつまり次回の車検まで処分するのを少し保留し査定に出すという手段が無駄がないと思います。車の買い取りの際は考慮していただけない重量税ですが、ある条件の場合では還付していただけることもあるのです。というのは、次の車検までの期間が残ったままの廃車処理する際です。廃車登録をした時に残っている期間に応じた額が還付されます。ただし車買い取り時はその車が廃車されるのとは異なり還付されません。そして、自動車の名義を変更した場合や盗難された時なども返金してもらうことはできません。自動車重量税が残っている愛車を買い取るというのは車検の効力が残っている中古車です。そのことを買取店も配慮しますから、重量税が残存していれば、ある程度査定額が増えると思います。当然買取金額は店により変わりますが車検の効力が残っているということが考慮されれば車の買取額と比べるとそこまで払い損と考えることもありません。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.kasutadon.com All Rights Reserved.