債務整理の有利な点についてですが

任意整理は一般的には借金整理というふうに呼ばれていて、お金の貸し手に対して支払いを行っていくことを前提とした債務整理の方法のことをいいます。

実際としての手続きでは、司法書士有資格者それから弁護士の資格を持つものお金の貸し手と債務者の中に入って相談し利息に関する法律に照らして利息の再考慮をしてから再度計算した元金にかかってくる借入利息を削った方法で3年前後の期日をめどに返済を行っていく債務の整理の順序です。

この手順を踏む場合は警察といった国家機関が関与しないためにそれ以外の方策と比べた場合でも手続きした際のデメリットが最も少なく、過程そのものも債務者にそんなに圧力にならないことから、まず最初に比較検討することをお勧めする手続きとなります。

さらには、債権者がサラ金といったような大変高額な金利だったら、利息制限法で定められている利子を超過して支払った金利においては借りたお金の元金に適用できるとして借りたお金の元金自体を減らしてしまうことも不可能ではありません。

だから、サラリーマン金融のようなとても高い利子のところへ長期間返してきた場合にはかなりのお金をカットすることができるようなこともありますし15,6年とか返し続けている場合には元金自体が消滅する可能性もあります。

債務整理の有利な点についてですが、自己破産と異なりある部分だけのお金だけを整理することが可能ですので他に連帯保証人が関与している借入金以外について整理していく際や住宅ローンの分を別として手続きをしたい際なども活用することができますし、財産を放棄する必要がないので、投資信託や有価証券個人資産を所有しているものの処分したくない場合でも有効な債務整理の手続きです。

しかし、手続きを取った後の返済に必要となる額と実際としての可処分所得を比較しだいたい返済が見通せるのであれば任意による整理の方法を選択することは可能ですが、破産宣告と異なり返済義務そのものが消えてしまうというわけではありませんので、負債の合計が大きい状況では任意整理で手続きを踏むのは難しくなるといえるでしょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.kasutadon.com All Rights Reserved.