損失を失くせます

ビギナー向けの外為の教科書では、「損失を被った場合はナンピン買いで、ポジションのコストを抑える事ができる」と述べられていますがこれにはかなり大きな罠が待っています。ハイドロキノン ユークロマ

まずは、ナンピン買いの理屈に関して分かりやすく説明します。レイク 利用限度額

仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。食欲抑制系ダイエットサプリメント

$(ドル)買いなので、ドル高に推移するほど儲けを得られますが反対に1ドル=95円までドル安が進んでしまった。ラ・パルレのお試し体験

このままの状態で維持し続けたとしたら、プラスになるためには円高になった分円安ドル高に向う必要があります。iPhone8PLUS在庫

誰でも、損失は可能な限り早く0にしたいと願います。闇金着手金の後払い・分割払い

このため最初に売り買いしたのと同じだけの$(ドル)を、95円で取引します。バレンタイン アルバイト 京都

これで、ポジション全体の平均のコストは97円50銭まで低くすることができる。メメールレディ・クレアの口コミ・評判・体験談

その結果、2円50銭の幅で円安ドル高に推移すれば、損失を失くせます。らでぃっしゅぼーや 口コミ

こういったことがナンピン買いの理屈です。自己破産 手続き

このように、ナンピン買いの仕組みを耳にすると、「納得だ」という考えになるが市場はそう易々と問屋を卸してくれない。

もとより、1ドル=95円より下がらないとはなんびとも分かるわけがありません。

もしも、外国為替市場が円高ドル安トレンドだとしたら1ドル95円ではとどまらずドル安になる危険性がある。

たとえば、1ドル=97.50円でナンピン買いをするとしても95円までドル安に進んだら、ナンピン買いをした分についても、赤字が生じることになってしまうのである。

この状態では、一番初めに持ったポジションと合計で、2倍の為替差損を被ることになる。

それほど、ナンピン買いは難解です。

では、相場が己の台本とは反対にどんどん進んだ場合どの手段で危険を軽減すればいいのだろうか。

そこで取るべき対策は2つあります。

まずひとつはあきらめて、ポジションを諦める事です。

別の方法としては現在、保有している買いポジションを減らす事で改めて相場が回復するのを動かないで待ち望むことです。

ちょっと後ろ向きな術だとみる方もいるだろう。

だけど、買いポジションに損失が生じた場合、最も妥当な手段はそれ以外には考えられない。

勿論、机上では、ナンピンをするという術もありえます。

しかしナンピンはあなた自身がマイナスになっている場面にもかかわらず、買いポジションを整理するどころか遂に買いポジションを積み重ねていく手法です。

この方法では、危険を避けることなどとてもやりようがないと考えたほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができればいずれは勝てるかもしれない。

けれども、そうなる先に投資資金が無くなってしまいます。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.kasutadon.com All Rights Reserved.