積む事でじょじょに勝ち負けの確率か50%

実際にノートPCのディスプレイの前に座ってリアルタイムで上下動している為替相場をご覧になっていると、直ちに売り買いをしなければならないという思いに影響される場合も多かったりします。

だけど、なんとなく感覚で注文することだけは決してしてはいけません。

分かっていると思いますが、市場は昼夜を問わず休みなくいずれかの国で外国為替相場は動いているし市場もどういう時でも、変化しています。

しかし、闇雲に注文を重ねているとその回数だけマイナスになる危険性が高まってしまう。

当たり前ですが、注文の数を積む事でじょじょに勝ち負けの確率か50%、50%になるのは事実です。

でもその事実は「なんだか分からないアイデアでトレード」してしまうこととは別の問題です。

トレード回数を重ねるとはあなたが「ここで勝負」と直感した勝機を得られたうえでのエントリー回数を積み重ねるという意味です。

格段の理由がなく、のべつ幕なし取引を繰り返すのとは大きく違います。

外国為替相場の駆け引きに勝利するためには、己で意識してけじめをつけることこそが不可欠です。

「ここがチャンス」と思えた外国為替市場の時には迷わず所持ポジションを買い増して徹底的に利益を狙います。

「明らかに難しい外国為替市場で、どうなるか予想できないな」と考えた時は観念してポジションをひとつ残らず閉じて静観します。

このくらいのメリハリがあったほうか、最後に取引はうまくいきます。

外国為替市場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

実にその通りだと思います。

為替取引とは何も常にポジションを保有する事がすべてではなく、何も所有せずじっとしていることも取引です。

そうであるならば、どの場面で休む必要があるのでしょうか。

第1に言われるのが前述の通り、これから先の外国為替相場がはっきりと見通しがきかない時です今から円高になるのか、それとも円安になるのかが判断できない時は、考え無しで行動すると、自身で思い描いた脚本とは違った方向に外国為替相場が変化してしまい、損してしまいます。

こういう場合はポジションを減らして、何もせずに様子をみるのがいいと思います。

次に、自分自身の体の状態が悪いときです。

コンディションと相場に何の影響も与えないと感じる人もいますが実際には思いのほか影響を与えます。

コンディションがあまりよくなければ、外国為替相場の大少な状況で、必要不可欠な決断を下すことが出来ない場合があります。

やる気がわかない時はFXから目をそらす事も大事な事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.kasutadon.com All Rights Reserved.